ステートメント

アースホール・フィルム・フェスティバルは、『地球の穴とお尻の穴の関係性の美学』をテーマに、現代社会において価値を失い、忘れ去られ、消えゆく風景や出来事が、いつかのどこかのだれかにとって慈しむべき風景である可能性やその豊かさを、様々なホニャララを通じて社会に問いかけていきます。

 

STATEMENT

The Earth Hole Film Festival aims to examine the theme “The relational aesthetics: Earthhole and Asshole (arsehole)” proposed by the artist Katsunobu Yaguchi, with innovative approaches to ridiculous matters. It raises questions about where our values lie, as things that seem worthless, abandoned and forgotten can be valued and cherished by some individuals.

 

Arsehole drawing (relational assthetics), 2018, Katsunobu Yaguchi

Arsehole drawing (relational assthetics), 2018, Katsunobu Yaguchi

 

 

Arsehole drawing (relational assthetics), 2018, Katsunobu Yaguchi

 

開催概要

アースホール・フィルム・フェスティバル
会期:2018年7月−2019年
会場:サントピア通り界隈 他
内容:小料理喫茶ワシントン・和心団藝術大学校との連携行事 / 招聘作家の展示 / 上映会・談論会 他

主催:ワシントン現代藝術センター
企画:矢口克信
アーティスティック・デレクター:ジュリー・ワシントン
最高肛門顧問:大金恵子
運営:アース・ホール・フィルム・フェスティバル実行委員会
協力:Keiko Ogane Gallery, Brajar Mountains, PORT

Summery

Earth Hole Film Festival
Date:July 2018 – 2019
Venue: neighborhood of Suntopia St. etc.
Contents: collaborative project with Cafe Washingtown and Art School / exhibition and project of invited artists / screening and talk events etc.

Organization:Washingtown Contemporary Art Centre (WACAC)
Director:Katsunobu Yaguchi
Artisitc director:Jurry Washingtown
Top adviser: Keiko Ogane
Operation:Earth Hole Film Festival steering committee
Cooperation:Keiko Ogane Gallery, Brajar Mountains, PORT