ネコカフェ『加計そば学園』

水戸在住の画家・イラストレーターの青山根子氏プロデュース企画でお届けするネコカフェ『加計そば学園』が、延期延期の末この冬にワシントン跡地内にとうとう出現します。様々な忖度料理や、ワシントン跡地界隈に住む野良ネコちゃんたちとのコラボグッズをコソコソ展開していきます。どうぞこの機会に、若かりし頃の宮沢りえもぶっ飛びーなアイディアを荒野を駆け抜ける女豹のように軽々と炸裂させる青山根子ワールドをお楽しみください。


青山根子|画家

茨城県生まれ。高校卒業とともに上京。亀有町で水商売の道に進む。幼少期から猫が大好きだったことから源氏名を青山根子とする。2011年の震災を機に「東京はもう終わり」と悟り、茨城に帰郷し地元のスナックで働き始める。2012年冬、たまたま同県在住のアーティストの矢口克信が客として店を訪れ、青山が描いたドローイングが店内に飾られているのを目にして衝撃を受け、青山に画家への道を勧める。現在もスナックで働きながら忙しい時間を縫っては精力的に創作活動に取り組んでいる。


*English text is coming soon.
 


Croissant waves, 2011, ©︎Aoyama Neko courtesy to Keiko Ogane Gallery



Perfect world, 2011, ©︎Aoyama Neko courtesy to Keiko Ogane Gallery



Hi-dead,all-dead, 2011, ©︎Aoyama Neko courtesy to Keiko Ogane Gallery